今時の鏡開きは卓上でできちゃう。酒樽パッカーンやってみたくない?

おめでたいときに酒樽の蓋を割る、鏡開き。
ラベルが和風モダンなデザインでおしゃれですが、それだけではありません。

卓上サイズなんです、これ。

大きさは18×18cmほど。
本物の酒樽だと持って帰るのが不可能ですが、これなら持ち運び簡単。
作っているのは本物の樽・枡の職人さんなんです。
明治初め創業の岸本吉二商店さんが手がけています。

そしてさらに、蓋がマグネット式で何度でも鏡開きできる!(笑)

何度でもパッカーンできます。
写っている手の大きさからしても、卓上サイズであることがおわかりいただけるかと思います。

中身はこんな感じ。
お酒は入っていません。
でも代わりにお酒が苦手な人や未成年ならジュース、お菓子など好きなものを入れておくことができます。
持って帰ったあとは小物入れやペン立てなどにすることも可能。

これで一式です。
樽、樽の内側にセットする朱桶、蓋、ミニ小槌、ミニ木杓、5勺木枡2個。
枡の焼き印も、本体の柄に合わせて異なります。

この枡単体でもかわいいんですよね~…。

なんと本体(&枡)デザインは全20種!

日本を代表するデザイナーたちが手がけたもの。
古典的なものから現代的なものまで、どれもカッコイイです。

枡だけの単体売りもあります。

ダイヤモンドやヒゲ柄の枡なんてなかなかないですよね。

こんな人におすすめ!
・和風モダンが好きな方
・ちょっとおもしろい雑貨が好きな方
・買うならやっぱり日本製という方
・笑いをとりにいきたい方
・ミニチュアが好きな方


デンマークデザインのコーヒーメーカーはうっとりするほど美しい

一目見てカッコイイと思ったアイテム。

今回の主役はこちら。

コーヒーメーカーなんです。

デンマークのstelton社が手がける「Theo」というシリーズのもの。
このスタイリッシュさは北欧デザインによるものでしたか。納得。

「ゆっくり淹れる」をコンセプトとしたコーヒーメーカーなので、特にめずらしい仕掛けのあるわけではありません。
でもこのたたずまい、本当に美しいです。

素材はストーンウェア(炻器。陶磁器の一種)。
ガラス製じゃないコーヒーメーカーって実は結構珍しい。
そして、ポット中央部のよく持つところにはシリコンが巻かれているので、熱々のコーヒーが入っていても持つときに火傷の心配なし。
異素材もしっかり色を揃えているところがまたおしゃれです。

竹製のフタがつきます。
またこのフタが木目なのがいい…。
温かみがありますよね。

こんな人におすすめ!
・北欧デザインがお好きな方
・モノトーンの家電・雑貨をお探しの方
・飽きの来ないシンプルなデザインのものをお探しの方
・写真映えするアイテムをお探しの方


今年は名匠フランク・ロイド・ライトの生誕150周年

今年は、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの生誕150周年記念だそうです。

代表的な建築物は…

帝国ホテル (LEGO Architecture)

帝国ホテル(東京)

カウフマンズ邸/落水荘 レゴ (LEGO Architecture)

落水荘(アメリカ)

レゴ第5弾 グッゲンハイム美術館 フランク・ロイド・ライト 21004 LEGO S Architecture olomon R. Guggenheim Museum 並行輸入品

グッゲンハイム美術館(アメリカ)など。

全部本物の写真じゃなく、レゴ(LEGO Architecture シリーズ)ですが(笑)
名前を聞いただけではピンとこなくても、帝国ホテルの建築などは有名ですね。

さてその生誕150周年を記念して、いろいろなグッズが作られています。

フランク・ロイド・ライトの装飾デザインをコンパクトなアイテムに落とし込んだ、アートグラスとLEDキャンドルのセット。
レトロな雰囲気もしつつ、古くない不思議な魅力があります。

マグネット。
1枚1枚が窓のよう。

鍋敷き。

プレースマット(ランチョンマット)も素敵。

他にもいろいろ出ています。
一度見てみて下さい。

こんな人におすすめ!
・建築が好きな方
・フランク・ロイド・ライト作品が好きな方
・レトロデザインにときめく方