フランス一覧

あちこちのカフェやレストランで使用されている揃えやすいプチプラグラス

「デュラレックスのグラス」…といえば、カフェやレストランで多く使われているので目にしたこともある方も多いはず。

デュラレックスのグラスがなぜそんなにあちこちで使われているかというと、まずはそのデザイン。
シンプルすぎず、懲りすぎず、飽きが来ない長く使えるデザインです。

次に、サイズの豊富さ。
上の写真はピカルディというシリーズの220ccですが、同じピカルディでも90cc~500ccまで幅広く展開されています。

また、同じピカルディでも

涼しげなマリン、

レトロな雰囲気のアンバーといった色違いもあります。

こちらはプリズムというシリーズ。
影を見るとわかりやすいですが、模様…というか彫りが少し異なります。

まだいいところありますよ~、次は使い勝手の良さ。
電子レンジ・食洗機・熱湯・冷凍庫使用OKと少々荒っぽく使っても壊れない強化ガラス製です。

そして最後、お値段が手頃!
デュラレックスはフランスのメーカーですが、ピカルディ220ccの6個セットで1,000円前後から。

220ccの使用イメージがこんな感じ。
おうちカフェ気分を簡単に取り入れたい方におすすめ。
レモンやハーブで少し風味をつけたお水をこういうグラスに注いで出すだけで、とってもおしゃれなおもてなしになります。

こんな人におすすめ!
・飽きの来ないシンプルなデザインのものをお探しの方
・シリーズで揃えやすいものをお探しの方


航海先で見つけた財宝のよう。エルバンのアニバーサリーインク

フランスの文房具ブランド、エルバン。
インクやシーリングワックスの老舗として有名ですが、ブランド340周年(!)を記念して作られたアニバーサリーインクがこちらです。
なんとルイ14世の時代からあるブランドだそう。

写真右上部分が実際インクで書いてみたサンプルですが、金の微粒子が入っていて、インクに混ざってかすかに光ります。
(放っておくとボトルの底に沈殿しますので、使う前に振ります)

他の色もあります。

※キプロスのキャロブ(新色)
創業者(エルバン)が航海時に好んで食したキャロブ(イナゴマメ)を連想させる色からこの名前がつけられました。
赤みを帯びた深いブラウンです。

個人的に一番素敵だなと思ったのはストームグレーなんですが、他の色のほうが金が目立つかも。
嵐(ストーム)の中に金が隠されているっていうのがなんだかロマンありません?

創業者の方が元は船乗りだそうで、かすかに光る金の微粒子がなんだか広い海に隠された財宝みたいで、ドラマ性を感じます。
ボトルのデザインもレトロでかっこいい。

こういったボトルに入ったインクは、吸入式の万年筆や、ガラスペンなどに使えます。
そういう高級筆記具は値段もデザインも書き心地もさまざまで、興味を持って見てみるともうほんと底なし沼ですね…(笑)

こんな人におすすめ!
・上品なアイテムがお好きな方
・レトロデザインにときめく方
・付けペンや万年筆を使われる方


パリ発ブランド!TALCのクマミミ付きフード

耳付きフード!
ベビー服です。

かわいい~~~~~!!!
着せたい!子供いないけど!(笑)

TALCというフランス生まれのブランドのもので、このクマの耳付きシリーズは毎年大人気だそうです。

こちらはスウェット地。
上のものはフェイクファーです。

18M:着丈33cm 身幅31cm 肩幅27cm
2Y:着丈35cm 身幅32cm 袖丈32cm 肩幅28cm
4Y:着丈39cm 身幅34cm 袖丈38cm 肩幅30cm
6Y:着丈44cm 身幅37cm 袖丈40cm 肩幅32cm

サイズ展開は上記のとおり。

すぐに大きくなるのはわかっていても、かわいい服を着せたい…
そんな親心をくすぐるアイテムですね。

こんな人におすすめ!
・とにかくかわいい子供服をお探しの方


pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status