♥ ♥ ♥

検索語句を入力して下さい

デコレーション

前回の大阪万博ってこんな感じ。当時の案内地図がオンデマンド印刷で復刻!

もー
Share


2025年、大阪万博開催決定。
東京オリンピックに、大阪万博にと日本中が大忙しになりそうですね。

でも、現時点で「大阪万博」といえば、やはり1970年に開催された万国博覧会。

意外と今の基準からしても近未来的なデザインのパビリオンもあり、リアルタイム世代でない私でもこれを生で見てみたかったなぁ…という気にさせられます。
さて、そんな1970年の万博の案内地図「エアリアマップEXPO70」がマップル地図プリントにて復刻されました!

エアリアマップEXPO70は、昭文社が前回万博開催時に販売していたもの。
当時の商品をそのままスキャンし、同社運営のオンデマンド地図印刷サービス「マップル地図プリント」にて購入可能となっています。
折り目のない印刷シートとして注文できる他、各種加工(後述)も可能です。

日本中が熱狂した前回の万博、行ったことがある方は懐かしい思い出のアイテムとして、行ったことがない人は70年代の雰囲気を味わうコレクターアイテムとして楽しめそう。

今回復刻されたのは下記の3種類。

■ 会場案内図

EXPO’70のシンボルで今も残る太陽の塔、各国・各企業のパピリオンの配置などがわかる案内図です。

一部アップ。

各国のパビリオンをはじめ、三菱やペプシなどの企業パビリオンも。
何を展示していたんだろう…気になる。
今は無き遊園地、エキスポランドも見えます。

■ 京阪神各都市から会場までの交通案内図

当時の周辺都市から会場までの地図です。
現在の地図と比べて、このあとにできた路線(大阪モノレールなど)やランドマーク(USJ、六甲アイランドなど)を調べてみるのもいいかも。

■ 絵でみる観光日本

1970年当時の日本全国の観光名所や祭事、特産物をイラストで表した地図。
海外の方向けだったんでしょうか。
手描きイラストのような賑やかな地図で、今となっては稀少となってしまった名産品も描かれているとか。

原版サイズ(紙寸法)は会場案内図・周辺案内図が522×764mm、 観光案内図が290×406mmで、A0版(841×1,189mm)、B0版(1,030×1,456mm)への拡大も可能。

B0拡大版は原版の約1.9倍になります。
インテリアアイテムとして大判ポスターにするなら、拡大版にするのも楽しそう。

下記のような加工も可能です。

すぐに飾れるアルミフレームセット

マーカーで書いたり消したりできるようになる、ホワイトボード用ラミネート加工

マグネットセット

など。

今回は前回大阪万博の復刻地図を取り上げましたが、通常の日本地図、世界地図、各都市の地図、児童用地図なども取り扱いがあります。
インテリア用としても、各種加工も可能なので業務用としても使えます。

こんな人におすすめ!
・1970年の大阪万博の思い出がある方
・レトロデザインにときめく方


   


Tags
もー
もー

暇さえあれば雑貨屋を巡る雑貨好き。買いすぎて部屋のキャパ万年オーバー中…

  • 1


楽天ROOMではブログで取り上げていないものも紹介しています。
ブログ記事にするタイミングを逃したもの、記事にするには弱いけどお気に入りのものなど…

ブログランキング・にほんブログ村へ    banner_02.gif

Random Posts

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status